2014年12月22日月曜日

2015年6月新作公演の出演者を募集します。

○公演情報

「Urban Folk Entertainment - Yokohama」

明治維新の直後に出版された外国人向けの日本語教材-横浜ダイアレクトから引用したピジン日本語テキストと、出演者が持ち寄る、ダンス・言語、身振り・手振りを用いて、異なる要素を混ぜ合わせることから生まれるコミュニケーションの可能性を探ります。また、それぞれが持寄る要素を新たな歌や踊りとして再編・上演することを通して、わたしたちが暮らすこの場所=都市のイメージを浮かび上がらせることを目指します。盆踊りは踊れない、生まれた土地から離れた匿名の他者が集う架空の都市トーキョーと、横浜に住む都市生活者が生み出すインディビデュアルな芸能として、コンテンポラリー“な”ダンスを発明します。

会場:横浜赤レンガ倉庫1号館ホール

本番:6/25(木)、26(金)、27(土) 全3回公演

○練習期間
・4月中旬~6月本番終了まで。6月22日より劇場入りします。
・4月、5月は週3~4回、6月は週5回を予定しています。
・練習場所は主に東京都内、時々横浜です。
・練習が始まるまでに横浜での調査を計画しています。
・日程、時間帯は出演者が決まり次第、皆で調整します。

○応募資格
・東京都もしくは横浜市近郊在住の方。
・他の仕事で多忙でない方。
・練習、本番に確実に参加できる方。
・舞台経験の有無は問いません。

○募集人数・出演条件
・3~5名程度
・チケットノルマや参加費はありません。
・公演後に若干の謝礼をお支払いします。
(予算次第ですが、最低でも30,000円は補償します。)
・予算次第で別途調査・交通費を補助します。

○応募方法
・面談の上、参加を決定します。
・以下項目をメールにて送付してください。

1:名前
2:性別
3:年齢
4:住所・電話番号
5:メールアドレス
6:応募動機
7:経歴
8:面談希望日時(第3希望まで)

応募動機、経歴は簡単で構いません。
面談場所は東京都内です。時間は1時間程度です。

個人情報は今回の募集に必要な連絡以外には使用いたしません。
大切にお預かりいたします。

○応募・問合わせ
pijinneji☆gmail.com

○〆切
1月14日(水)24時





























2014年9月26日金曜日

schedule 2015

6/25-27
「Urban Folk Entertainment」
@Yokohama Red Brick Warehouse No.1 Hall

schedule 2014

10/25 DIG AKITA @Akita

11/13-16 「10 Years in 1 Minute」@Tokyo

12/5.7「Anton Neko Kuri」 @Berlin

12/13 Isak Immanuel @Kobe

2014年9月25日木曜日

archives

2000年〜2004年 大駱駝艦
2005年 1月 「呪い」ラボ5~20#17(キュレーター:伊藤キム) STスポット
2005年10月 「振子」ラボセレクションーSTスポット
2005年11月  横浜ダンス界隈#2 ーBankART studio NYK、他
2006年-2007年 ジョセフ・ナジ「遊*ASOBU」出演
2007年 1月 「フルエテ!透明」 ダンスが見たい!新人シリーズー神楽坂dieplatz
2008年1月 虹 (企画:エナメル小玉)ー現代美術製作所
2008年2月 道場破り(企画:手塚夏子)ー篠原の里
2008年4月 「タッチ」ーいずるば
2008年6月 実験ユニット「匿名的断片」ー門仲天井ホール
2008年8月 山縣美礼「こなたかなた」出演ー駒場アゴラ劇場
2008年9月 ディック・ウォン「Encounter」出演(企画:Dance Asia)ー森下スタジオ
2008年12月 「NJPJN」 traverses2008ーオルレアン振付センター
2009年4月 「syzygy」glow up!Dance projectーアサヒアートスクエア
2009年5月 「syzygy」WRONG DANCE , RIGHT STEPSーVACANT
2009年5月 53235イベントーOn going
2009年5月 道場破り〜復讐戦(企画:手塚夏子)ー篠原の里
2009年6月 「track of traces」新人振付家のためのスタジオシリーズ(キュレーター:手塚夏子)ーアーキタンツスタジオ
2009年7月 「NJPJN」dies de dansa ーバルセロナ、他
2009年8月「あの世」夏のサミット(ディレクター:杉原邦生)ー駒場アゴラ劇場
2009年10月 「停電EXPO」 横浜国際映像祭ー新港ピア
2009年11月 大野一雄フェスティバル〜横浜迷宮劇場ーBankART Studio NYK
2009年12月 V.I.I.M. Session-三軒茶屋Heaven's Door
2009年12月 新鋪美佳作品 出演  INSIDE/OUT 建築の時間・ダンスの瞬間ー世田谷美術館
2010年2月 新鋪美佳「ドレみ空」 Wedance2010ー横浜開港記念会館
2010年2月「4damages」 Wedance2010ー横浜開港記念会館
2010年3月 「syzygy」 TPAMインターナショナルショーケースー東京芸術劇場
2010年3月 神村恵「385日」出演ー世田谷美術館
2010年5月 神村恵「385日」出演 深川ダンスチョロッシングーSNAC
2010年5月 空き地vol.1(企画:神村恵、捩子ぴじん)ー小金井シャトー2F
2010年7月 神村恵「配置と森」出演 トヨタコレオグラフィーアワード最終審査会ー世田谷パブリックシアター
2010年7月 実験ユニット WOSK Vol.9ーSuper Delux
2010年8月「おかあさんといっしょ」 ゼロダテ展ーオナリ座
2010年10月「モチベーション代行」ーシャトー2F
2010年11月「モチベーション代行」 京都国際舞台芸術祭フリンジ企画HAPPLAYーアトリエ劇研
2011年2月 We dance2011ディレクター
2011年2月 「syzygy」 横浜ダンスコレクションー赤レンガ倉庫
2011年5月 実験ユニット「実験地獄〜生きたいから反応する」ー小金井シャトー2F
2011年7月 紐霧泡イベントー小金井シャトー2F
2011年10月 「モチベーション代行」 フェスティバルトーキョー公募プログラムー池袋シアターグリーン
2012年2月 faifai「アントン猫クリ」出演ーnitehi works
2012年3月 「観光/field work」KASHIMA2012ー永久別府劇場
2012年4月「モチベーション代行」 FESTIVAL BO:Mーソウル
2012年4月 実験ユニットー永久別府劇場
2012年7月 faifai「アントン猫クリ」出演 トヨタコレオグラフィーアワード最終審査会ー世田谷パブリックシアター
2012年10月 「over cage」 蓮沼執太のスタディーズ 9:STUDIES(for Event)ーアサヒアートスクエア
2012年11月 ASA-CHANG&巡礼「新アオイロ劇場」出演 京都国際舞台芸術祭ー京都芸術センター
2012年11月 捩子ぴじん×梅田哲也 TRANS ARTS TOKYOー旧東京電機大学
2012年12月 手塚夏子「私的解剖実験6」出演ーart space tetra
2013年1月 手塚夏子「私的解剖実験6」出演ーSTスポット
2013年2月 手塚夏子「私的解剖実験6」出演ーダンスボックス
2013年8月 吾妻橋ダンスクロッシングーアサヒアートスクエア
2013年8月 フラムドールのある家ーアサヒアートスクエア
2013年9月 舞踏・舞踊フェスティバルinAKITAーエリアなかいち
2013年9月 演技、日曜日ーOn going
2013年11月-12月 faifai「アントン猫クリ」アメリカツアー
-2014
2/11「air or fart」@Yokohama
2/22-3/9  Tetsuya Umeda「0才」 @Nishinari
3/21-22「Top of the 0th inning, Bottom of the 0th inning」@Seoul
4/11-12「10 Years in 1 Minute-Transition」@Busan
4/18.20「Anton Neko Kuri」@Fukuoka
6/21-22 PLAN-Co. #1 「소리, 소문도 없이」 @Busan
7/26  Torikouen reading&talk @Yokohama
8/3 TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD @Tokyo
9/6 Asahi Art Square Long Party vol.2



2014年9月24日水曜日

House dance Butoh mix

「House dance Butoh mix」

concept, direction : Pijin Neji
house dance lesson : YANCHI.
dancer : YANCHI., Pijin Neji
stage manager : Megumi Sato
lighting design : Nami Nakayama
lighting operator : Masayo Okano
sound design : Daisuke Hoshino

TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD NEXTAGE
3/Aug/2014 Setagaya public theater

https://www.youtube.com/watch?v=-bCLcDt2kuc&list=UU-e-rJK86Yo5LJ3r4-H2bVw

2014年8月11日月曜日

profile

Pijin Neji was a member of Dairakudakan, a butoh company from 2000 to 2004. He studied under Akaji Maro and danced in all of the company’s main productions while he was a member. After leaving Dairakudakan, he began his career as choreographer/dancer. His main works are solo works and choreographies in which he doesn’t dance. In “Noroi(The curse) ”presented in Lab 20 in the ST spot, the solo work featured and expanded on Pijin Neji’s physical characteristics. In his following choreography “The pendulum”, he attempted to visualize a body beyond the physical body through the choreography where individualities of the dancers were trimmed down to the minimum. In 2006, he appeared in “ASOBU”, a piece by French choreographer Josef Nadj, and toured in Europe and Japan including the Avignon Festival. In addition, he has performed in the dance group with Megumi Kamimura, Natsuko Tezuka and Kuri Suzuki. In 2008, he created solo“NJPJN” for the festival of the Orleans National Choreographic Center TRAVERSES. He received the Yokohama Dance Collection EX2011 Jury Prize(Grand Prix), and his piece “the acting motivation”,a self-documentary based on Neji's own experience with part-time work, won Festival/Tokyo F/T AWARD.

「air or fart」

「air or fart」
Concept, Direction, Choreography : Pijin Neji
Cast : Ken Shinohara, Kento Kanno, Rie Wakabayashi, Pijin Neji
Music : Ken Shinohara, Kento Kanno


Yokohama Red Brick Warehouse Number 1, 3F Hall  
Yokohama Dance Collection EX2014 Performance by Former Prizewinner
<A TPAM Showcase Program>


After the March 2011 nuclear accident in Fukushima, the Internet was filled with suggestions for how to protect oneself against radiation. One proposal involved lactic-acid bacilli, a kind of bacteria, grown in water that has been used for washing rice. (White rice is washed before cooking.) The recipe called for adding salt and sugar to the water and leave it in a warm place. The bacteria would grow, and when someone drank the resulting liquid, they would strengthen the body’s immune system. According to some blogs and other sites,  radioactive substances inside the body would be consumed by the bacteria, which were transformed into macrophages, protecting the body against exposure to radiation.  Cult-like and totally outrageous: that’s what  this health tip was called. But in 2013, two years after the nuclear accident,  I decided on a whim to grow my own lactic-acid bacilli in water used to wash rice at my home.  Via the Internet, I purchased unpolished rice from Kyushu  and natural salt and brown sugar from Okinawa. I washed the rice in  mineral water, then added a small amount of the salt and sugar to the water and poured them into a PET bottle. Warming the bottle with these ingredients in the middle of winter in Tokyo, I saw small bubbles appear. Something was clearly alive there. I placed the bottle in front of the space heater, took it into the bath with me, held it on my chest under the comforter as I slept. The result was clearly different from what I had started with. The PET bottle was so filled with bubbles that its shape was distorted. Thinking that the time was right, I added a little of the liquid to soy milk, warmed the mixture for a day, and I had homemade soy milk yoghurt. I continue to eat it to this today.

In May 2013 I participated in the Kanda Festival in Kanno Kentō’s neighborhood of Tokyo, Awajicho, helping to carry the omikoshi, the sedan chair in which the god rides.  The Kanda Festival, labelled one of the Big Three festivals in Japan, is enormous.  It is normally held every other year, but was not in 2011 because of the disaster in the Tohoku.  Since the 2013 festival was the first in four years, the participants were extra excited. The gods celebrated in this festival are those worshipped at the Kanda Myojin Shrine and include Taira no Masakado, a warrior who rebelled against the central government. The space was jammed with “Edokko,” natives of Tokyo.  The kind of caustic humor you can hear in Rakugo performances filled my ears. The atmosphere was lively, with, given the worship of an enemy of the imperial court, an anti-establishment vibe.  This was Tokyo, another Tokyo, a Tokyo of which I, born and raised in Akita, had been unaware. The fierce pride I sensed raised goosebumps on my skin.



I think of the Kanda Festival whenever I eat my soy milk yoghurt made with lactic-acid bacilli grown in water used to wash rice.  The image of those little bacteria, unsterilized, circulating through my intestines, battling bad bacteria,  is connected for me with the pride I sensed at the Kanda Festival, which refuses to disappear in a globalizing world. Those lactic-acid bacilli, who come alive and make their bubbles in the bath or snuggled up with me under my comforter, embody the same human and local character as  those who parade carrying the omikoshi in that festival.  When that yoghurt slides down my throat, I feel the omikoshi biting into aching shoulders and hear its bearers’ enthusiastic shouts as they heave it about. Apart from hope for  my own health, there is some inexpressible desire embodied in my eating my soy milk yoghurt.  It is like that “Oh, I’ve done it” sensation we feel when we fart. In Japanese, we don’t just “break wind.” A wind emerges. A desire pent up within us erupts, like that wind. If we believe that art’s goal is  a healthy humanity, that crazy association is inescapable.


*In the foyer, you can taste my homemade soy milk yoghurt made with lactic-acid bacilli grown in water used to wash rice. If you would like to give it a try, just say so.  The yoghurt has not gone through a health inspection. The performers have eaten it and experienced no physical ill effects, but eat it at your own risk.  


https://www.youtube.com/watch?v=pDxOeEhYr5Y